【②激動の社会人編】空海りょうじのプロフィール

はーい、
空海りょうじです。

今日はプロフィール第二弾ということで
世界中から早く続きの動画を出せっていう

電話が1000万件くらい入ってまして(^^)
電話が鳴り止まないので今日は
激動の社会人編を話していきます。

動画でみたい方はこちら↓

目次

軍隊のようなブラック会社に入社

前回の
【①学生時代編】空海りょうじのプロフィール
では、

一番大きな苦しみは
6年間イジメられてたってことでした。

誰からも嫌われたくない
っていう感情があって

自分じゃない誰かを演じて生きて、
自分が無いというか自分軸なんて
言葉知りませーん。
みたいな感じでした。

スピリチュアルなことも、
神様が見えたり話したりすることも
学校の人たちにバケモノ扱いされたり、

親に精神病院につれていかれる
そんな恐怖があって
神様と話すのも辞めたんですね。
そういう学生時代を過ごしてたんですね。

でまあ大学卒業間近に
就職活動をしまして

当時はユニクロに
4年間バイトいってたこともあって
アパレルしか興味がなかったんです。

特に女性が服や化粧して
綺麗になって元気になることに
興味があって

女性系のアパレル企業55社に面接いって
たった1社しか内定もらえなかったんです。

アパレル営業の会社に
出勤するわけですけど

朝は毎日6時出社、
朝から挨拶と経営理念を大声で叫ぶ

おはようござーーーす!

みたいに
なんか、軍隊みたいなところでして、笑。

しかも、

会社から帰る時間は
深夜の2時。

毎日社長と部長と飯に行って
クタクタで帰ってました。

月の休みは2回だけで
手取りの給料は14万円っていう
すごいきつい会社だったんですね。

親や友達に

働くことは厳しいぞ!
死にものぐるいでみんな働いてるんや!

って言われて
育ってきたので、

本当、
社会に出るってしんどいんやなって
思ってたわけです。

ニュースでよく
過労死とか話題になってたんで
これだけ働いたら本当そうなるわなって
感じてました。

アパレルの会社は営業職で
飛込み営業だったんです。

よく海外の方が日本で旅行するときに
超巨大なキャリーバッグを
持ち歩いてますけど

あのキャリーバッグを
二個引きずって、
その中に服を大量に詰め込んで
飛び込み営業をするって会社だったんですね。

真夏でもその
超巨大キャリーバッグを2つ引きずって
電車やバスで移動するみたいな感じでして、

1年間頑張って営業して売上もあげて
働いてたわけですけど
案の定体を壊してしまうわけです。

でぇ、
ある日友達と遊ぶ時があって
友達と仕事の話をしてたんです。

社会に出るって、、、
厳しすぎるなって話を
してたんですけど、

友達は事務職なんですけど

週休2日で
朝10時出社で帰宅は夕方の6時で
手取りの給料が25万あるっていうんです。

へ???

って思うわけです(笑)
僕の職場環境とは正反対!!!って。

そこではじめて、

僕が内定もらって
1年間死にものぐるいで
働いてた会社が

超ブラック企業だったことに気づくんですね。

転職先の家電量販店でヒーローになる

でまぁそのブラック企業を辞めて
次は家電量販店に転職しました。

当時はミドリ電化っていう会社で
今はエディオンという会社です。

お店で家電製品を
販売するんですけど、

すごい面白かったのが、
超ブラック企業でしいたげられてきた
飛び込み営業の営業力が発揮されるんです。

販売研修期間に、
長年勤務してきた社員さんとかを抜いて
売上1位を継続的に毎日出してしまうんですね。

そして研修期間が終わると同時に、
いきなり階級が管理職になってしまうっていう
謎な昇給をしてました。

そこで10年程勤めるわけですけど、
様々な事件が起こってたわけです。

・この会社も喉から心臓が出るくらいに
 経営理念を叫ぶっていう風習があったり、

・全然働かない上司とよく大げんかしてたり

・朝言ったことが昼には言うことが変わる上司がいっぱいいたり

・自分の売上を奪う上司がいたり

・部下の女性に手を出して解雇される上司がいたり

・朝礼で電話機をフルスイングで投げてキレる上司がいたり


家電店で最強最悪の客=大阪のおばちゃん

家電店で一番きついなーって
思ってた仕事は
大阪のおばちゃん集団とヤグザの接客。

大阪のおばちゃんって一人やと
なんかドラゴンボールでいうと
ウーロンくらいの戦闘力3みたいな感じなんですけど

大阪のおばちゃんが
二人になったらもう、、、

手がつけられないというか
ベジータが二人いるみたいな状態でして〜

その大阪のおばちゃんが
最強タッグを組むと
最強の値引きがはじまるわけです。

一番むかついたのは、
値引きせな、帰らへんで〜!
本部にクレーム入れたるからな〜
でした。

家電店の暗号通話893の極道客

もう一方の、
ヤグザさんたち事件がありました。

僕らはその人たちをヤグザにちなんで
893って呼んでたんです。

なんか、
ミナミの帝王みたいなのが
お店が開店する前から
入り口でスタンバってるわけです。

893はもう手がつけられないというか
歯向かうもんなら事務所につれていきますよ?

みたいな
なんか、
美川憲一さんがキレたような威圧感があるんです。

893関係で
一番きつかったのは、

当時は京都の山科ってところに
893の皆様の住み家がありまして

893の皆様が山科店ってところに
家電を買いにくるわけです。

値引きの仕方が
大阪のおばちゃんよりもエグいんですよね。

エアコン20万が定価のものを、
2万で買うからそれでよろしく。

ニコっ(笑)みたいな。

といって、
レジに向かって2万円をレジにもう出してるわけです。

まあそんな値引きは
できる筈がないんですけど、
それを断った経験も多々あるんですけど、

断るとどうなるかというと
店内で大声で叫んだり、

893のお仲間が続々登場してなんかもう、
ギニュー特戦隊みたいな
お仲間に囲まれるんですね。

そしてもう自分の死を覚悟しながら
値引きに応じるしかなくって、
数カ月後その山科店は閉店したんです。

上京して与沢翼氏を率いるネオヒルズ族に関わる

家電量販店では
自分の地位も給料もよかったけど

当時はアマゾンや
価格ドットコムが参入してきて、
もう値引き合戦だったんですね。

今までお世話になってたお客さんも、
もう値引きの話しかしなくなってしまったんで
値引き要求だけの接客が嫌になってしまって辞めたんです。

で、何を思ったか、
デザイナーとして起業したい!

俺はクリエイターになりたかったんだ!

という謎な意欲が湧いてきまして。笑。

いきなり大阪から東京に移住しまして、
デザイナーしたこともないのに、
デザイナーで起業するわけです笑。

なんかデザイナーやってる
俺ってスゲーカッコいい、
みたいなノリではじめたんです。、

そのときに出会ったのが
与沢翼ひきいるネオヒルズ族です。

与沢翼さんや土屋さんとかっていう
億万長者と関わってその方々の
ホームページなどを僕がつくってました。

情報商材っていう
商品を販売するページの
デザインもしていました。

デザインは独学で学んで
自分でやってまして

彼らに関わってデザイン案件をもらって
生活できるくらい稼いでたんです。

でも、、、

もっとお金を稼ぎたい!!!
俺は億万長者になるんだ!!!

って謎の意欲が第二弾が湧いてきまして
お金を稼ぐセミナーや教材に手を出していくんですね。

まるで、
与謝翼さんみたいに僕がそうなれる!
って思って、

お金持ちな人になりたい欲求が
大爆発してまして(笑)

でまぁ当時は気づかなかけど
今となっては気づくべきだったんですけど。

学生時代に感じてたような、
自分じゃない自分を演じ出してたんですね。

もう自分が与謝翼だ!みたいなノリだけで
生活をしてたんですよね。笑えますよね。。

人生変えたい一心で1000万円の借金を抱え込む

与沢翼さんのような
華やかな億万長者の世界。

俺も、フェラーリだ!
俺も、六本木ヒルズ族だ!
俺も、億万長者の仲間入りだ!

という謎な自分じゃない
嘘の自分の世界を創り出すわけです。

お金まみれの華やかな世界、
そこが自分の居場所だと勘違いして、

他人が作り出した世界が
自分の世界なんだと思いこんで、
超他人軸の世界に陥るわけです。


お金が稼げるとか
自分を見つける
マインドセットというものを

勧められては
セミナーや教材を買いあさってました。

どうせ俺は与沢翼さんのように
いつでもお金稼げるから
っていう謎な感情がありまして、

当時は1000万以上借金して
そういうのに手を出してました。

でぇ

そういう

ネオヒルズ族の時代が一気に終わって、

仕事もなくなって

借金だけが残ってしまって

借金と戦う日々がはじまるんですね。

二度と味わいたくないお金が全くない絶望

もう借金返済の文字しか
頭にない日々がはじまりまして
なんらかの恐怖に怯える毎日でした。

借金返済が毎月50万円あって、
給料は手取り25万円。

毎月マイナス25万円の生活
火だるま状態でした。

再就職して
IT起業に勤めるわけですけど、
その会社は副業を教える会社だったんです。

でぇ僕も借金を
返さないといけないから
会社に勤めながらもデザイン系で
副業をやってたんですね。

まだそのネオヒルズ族や
与謝翼のお金持ちな生活に憧れてたので

そういうお金稼げまっせ的な
ノリで副業をやってて、
ずっと自分じゃない自分を演じ続けてたんですね。

ある日、
副業やってることがバレたわけです。

副業を教えてる会社なのに
副業してることで怒られて

懲戒解雇処分

いわゆるクビになったんですね。

その後、
借金を返さないといけない
恐怖があったので

クビになった日から
死にものぐるいで転職活動しました。

転職先が決まって
芸能人が出入りするような、
通販会社に入りまして

そこではWEBディレクターをやってたんです。

ハニートラップに引っかかり懲戒解雇2度目

次に転職した会社は、
女性が9割みたいな会社でした。

すごいタイプな女性がいたんですが
仕事が楽しかったんで恋愛より
仕事に熱中してたわけです。

で、ある日。

その子と飲みにいく機会があって
話も合って仲良くなって
関係が深くなりはじめたんですね。

気分よく恋愛もはじまった!
明日から仕事もより頑張るぞ!

と思ってた翌日、
社長に呼び出されて

懲戒解雇処分

になったんですね。(意味がわからんかった笑)

あとあと聞いたら、
それはハニートラップだったみたいで、
その女性は社長の愛人だったんですよ。


うん。

今思えば、

学生時代から
会社員時代も

本当ずっと40歳になるまで、
自分ていうものが無かったんです。


自分が何者かさえも
考えることもなくて、

自分軸があるとかないとか
そういう言葉も知らなかった。


ただ目の前に起こる
日々のイベントをこなしていく。

ただただその繰り返しの
毎日だったんです。



それから、人生は少しづつ変わりはじめます。

地元の大阪に帰省したときに
震度6強の地震がありまして

その震源のど真ん中に
住んでましてして。

その地震がきっかけで
人生が変わり始めたんです。


次回、スピリチュアルに出会い人生が激変する。
というお話をしていきます。

まとめ

家電量販店で値引きする
コツを話そうと思います。

家電の価格表示って
あってないもんなんですよ。

冷蔵庫が例えば
20万と表示されてても、

実際販売する価格は
17万って決まってたりします。

値引き要求が
当たり前な世の中なので

前もって値引き対応できる
値差ってのを設けてるんですね。

よく上の者に相談してきます
っていうことあるじゃないですか?

あれは実際に販売する
価格を確認しにいってるんです。

で、帰ってきたら

店長に許可いただきました!
ってゆって

17万8千円までならいけます!
といって、

もうひと越え!
っていわれて
17万円で販売するんですね。

ということは?

お店的には全く値引きしてない
ってことになるんです。

なので、
究極的に値引きをしてもらうには、

エディオンで買いたいなら、
ヤマダ電機やケーズ電機で
値引き要求した後の見積書を
エディオンに持っていくのが一番安く買えますよ。

以上でーす!

この記事の内容を自分のものにしたい方は

・自分の幸せを早く引き寄せたい
・スピリチュアル能力を開花したい
・給料の他に収入を作り不安を消したい
・自分軸になり自分に自信を持ちたい
・もっとシンプルに人生を楽しめる生き方をしたい  

今こうしたことを考えているであれば、
空海りょうじメルマガ(無料)を読んでみてください。
あなたのプラスになることが、きっとあると思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる