自分に合う仕事 | 仕事に呼ばれるスピリチュアル

はーい、
空海りょうじです。

今日は、自分に合う仕事は何か、
スピリチュアル的にどうか。
というテーマでお話していきます。

自分に合う仕事も
スピリチュアルが凄く深く関わって
くるんですね。

自分が世の中で
どういう役割を果たすのかとか

自分が何のために産まれてきた
のかっていう
究極的な答えでもあるんです。

スピリチュアルを絡めて
自分の天職を探す方は
非常に多いんですね。

目次

仕事に呼ばれるスピリチュアル

何というか、
自分の知らない
最強の魔法のようなものがあって

それを探してる方も多いのは
事実なんですよね。

探すのに凄く時間や
お金を浪費してしまって

結果的に見つからない方は
凄く多いんです。

ここは凄く重要で、

現実世界で
自分が経験してきてること
自分の生活の背景ですね。

そこに存在する
スピリチュアルな情報を
読み取っていけば

自分が何をすべきかが
自然に見えてくるもんなんですね。

自分に合う仕事は、
自分の中で探して
見つけるもんじゃなくって

状況判断みたいな感じで

いま自分は
何を求められてるのかなとか

いま自分に
できることはこうだなとか

そういうのがわかってると
自分に合う仕事が何か
何をすべきかがわかってくるんですね。

それが自分に合う仕事なんですよね。

スピリチュアル的に楽しい仕事

自分ができることが
明確にわかってくると、

世の中が求めているものと
自分がやってることが一致してくるんですね。

天職とか天命とかね、
使命ともいいますけど、
時期によって変わっていくものなんですよね。

必要なタイミングで
必要な経験をするように
自分で設定して産まれてきてるんですよね。

その仕事は楽しい!と
最初は感じられない場合は多いです。

だから〜

みんな路頭に迷って、
自分は苦しみしかない人生だー!
なんて思っちゃうわけです。

既に、自分に合う仕事に
出会っていたとしてもです。

だから、

今はこんな辛い仕事やってるとか
会社に入ってみたけど面白くないとか
失敗の連続で苦労しかないとか

感じちゃう。

それは、

いまの自分に必要だからやってるんですよ。

その苦しみは、

いづれどこかで活かされるんですよ。

スピリチュアル的な適職

スピリチュアルでは
罠みたいな感じですけど

スピリチュアルは楽しいことをするのが
大前提だと言われてますよね。

そういう苦しみがあった先の、

幸せの方が
苦しみより楽しいと思えたら、

そのいまやってる仕事は
適職=天職にもなるんです。

それを信じるか信じないか
だけで人生って凄く差が
出てくるんですよね。

自分の人生に起きてることは
無駄なことは一切ない

だから今やってることは全て
意味があってやってるんだ

という前提があって、

その前提を踏まえて
仕事に取り組むと
感覚値でわかってくるんですよね。

あ、
これ凄く苦しかったけれど、
淡々と仕事できてるし適職だな。
って思える瞬間がやってきます。

いまこの部分が自分は弱いから、
苦しい出来事が起こってるんだ
みたいなことがわかるんですよね。

それがわかってるか、
わかってないか、
ただそれだけのことなんですよね。

今の苦しみは
幸せになるために

絶対に必要なことなんだと
捉えてる方と
そうでない方では

仕事の質も変わってくるだろうし
仕事でもらえる給料の差も出てくると
思うんですよね。

自分に合う仕事は必ず見つかります

全ての出来事が
学びに繋がってて

いづれ幸せがやってくることは
間違いないことなんですよ。

それが神様の視点というか
神にゆだねるっていう
感覚なんです。

ただ

まあその今の仕事を
ずっとやれっ〜!
ていってるわけではなくって、

今の仕事の苦しみを
乗り越えたら、

転職したり独立する
新しい道が見えてくるんですよね。

かといって〜
我慢はしなくていいんですよ。

人は我慢してその場に
居続けることは無駄であって

人は幸せとか喜ぶことをするために
生きてるわけですからね。

自分の求めてること
理想像とかけ離れてて
我慢の連続がきてる、

我慢してその職場にい続けてることに
気づくことができてれば
その仕事はやめちゃっていいんですね。

ただ、

視野が低いとか
狭い領域で
我慢できないから

仕事を辞めたい!
ってのはまた違うと思うんですよね。

長期的な視点で
視野が高い領域で、

心の力が抜けるような道に
進んでいけばいいんですよね。

いまの仕事が凄く嫌なら
何が嫌なのかを長期的な視点で
見ないといけないですよね。

給料が少ないなら、

先輩たちとか

自分よりも何年も勤めてる方が

得ている給料が自分の理想の金額であったら、

その会社にいれば給料が少ない不満は解決されるけど、

その先輩たちも
自分とあまり給料が変わらないんだったら、
とっとと会社を転職して

いい給料の会社に転職すべきなんですよ。

嫌なことがあって
何に我慢してるのか

そこを具体的に見ていって、
将来自分の心が休まるような理想と

今の職場の現実に起きてることが
結びつかなかったら
そこの職場はもう必要じゃないってことですよ。

天職に執着すると天職は離れていく

スピリチュアルな、
占いとか天職占いとか
いっぱいありますけど、

そこにとらわれ過ぎないのも
大事なんですね。

自分が納得してればいいんだけど
その占いが原因で自分をさらに縛るような
ことになりがちな人もいますので。

最終的には

自分の天職は、
自分が信じるものが
天職になるので、

誰かが
決めるものでもないんですね。

今やってる仕事は
将来の自分にどう繋がってるのかな、
この仕事はあれに繋がってるのかな、
みたいに、

模索していくといいんですね。

ただ一時の
人間関係が面倒とか、

ただ一時の
仕事の失敗とか、

ただ一時の
同僚や部下が自分よりも優れていた
とか

そういう視野の狭い、
将来と繋がってない視点だけで
仕事してると、

将来の自分との繋がりを
全く感じてないので、

そういう他人の世界というか
他人軸になってると

どんどん苦しみがやってくるので
気をつけてください。

自分に合う仕事はワクワクだけじゃない

自分に合う仕事っていうのは
目先の少し苦労や失敗だけに
感情を持って嫌になることもあります。

僕も過去は家電量販店にいたり、
広告代理店にいたりしてました。

でいまはカウンセリングやセラピーとか
スピリチュアルを教えるとかやってるんですけど、

今はね

よく対面でお話することが多くって
人と話して悩みというか

人生から悩みを消すのが
天職と思ってるんですね。

でも、

過去の会社員時代は、
家電量販店では

お客さんと関わるのが嫌とか
広告代理店も自分とは合わない人と

同じ空間にいるだけで
吐き気がするとか思ってたわけですよ。

まあなんていうか、
人間と関わるのが凄い
嫌になってたんですよね。

でも〜

その人間との関わり方を変えただけで、
いまはその、

人と関わりまくることが大好きになってて
それが天職になってるんですよね。

かといって〜

自分のいまの仕事がしんどいです。とか、
自分のいまの仕事がパッとしないとか、

自分の人生の選択が
自分ひとりでは決めきれずに
また失敗してしまうかも〜
みたいな不安がある方もいると思います。

そういう方がねもしいれば、
ぜひ僕に相談してきてください。
一緒に心から楽しめる人生にしていきましょう。

今回話した
天職や人生というか
お金のことも

メルマガでこう考えればもっと
人生が楽になるよ〜

みたいな話してますので
よかったら読んでみてください。

まとめ

僕もこの仕事に就くまで、

1000万回くらい転職してきました笑

挫折や人生を辞めたいと思うこともあって

何も楽しいことはありませんでした。

いい人を演じて愛想笑いして、

意味のない日々でしたよ(^^)

でも、出会いました。

そうやって嫌な仕事をしてたからこそ、

いまの仕事に出会えたんです。

以上でーす!

この記事の内容を自分のものにしたい方は

人生を最速最短で変えるために、
スピリチュアルを実践的に役立てる知識を
完全無料で学びたい方はこちら。


この記事で書いていることに
気づきや納得感があった方は、
ぜひ登録して学んでみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる