スピリチュアルにハマる人を救う!あなたの大事な人が抱え込む闇とは

はーい!空海りょうじです。

あなたの大事な人、友人や妻などがスピリチュアルにハマっている。さて、どうしたものか…。とあなたは悩んでいるかもしれませんね。

僕自身は、スピリチュアル大好き人間です。でも、僕はスピリチュアルに出会って過去に闇を抱えました。

スピリチュアルを知りだして勉強して、先生的な方の講座を受ける内に「うつ病になり、人生がボロボロ、廃人」のようにもなりました。

そんな僕が、スピリチュアルにハマる人の特徴や抱え込む闇をお話していきます。

スピリチュアルにハマる人には、ハマる理由があります。趣味レベルなら良いですけど、案の定どっぷりとハマるんです。

先にひとつ結論を言うと、スピリチュアルにハマる人には「自分が無い」。つまり、自分軸・主体的という概念に気づいていないんですね。

だから、スピリチュアルに人生の答えを求めてしまうんです。これを読んでる方が、スピリチュアル好きなのか否定派なのかはわかりません。

人生は自分で生きるためにある。そう考えて育ってきた方もいれば、親や友人に否定されて他人に答えを求めてきた人もいることを認めていただきたいですね。

僕は、後者でした。

40歳になるまで「自分が無い」「自分は何者なのか」「何の為に生きているのか」その人生の答えを他人にスピリチュアルに求めている一人でした。

目次

スピリチュアルにハマる人の特徴

スピリチュアルにハマる人は、こんな感情を持っていることを知っていますか?

スピリチュアルにハマる人の感情

・私を大切にして
・私の話を聞いて
・私を認めて
・私を特別に扱って
・私をかまって
・会社を今すぐ辞めたいな
・自分軸がないよ
・誰か助けて〜!

僕も上のような気持ちが過去にありました。

スピリチュアルを正しく学んだ方の感情

・毎日楽しいな〜
・平和だな〜
・お金って循環〜
・自分で生きるって幸せ〜
・生きる充実感
・信頼できる仲間最高!
・会社辞めて独立して最高!

いまの僕は目に見えない世界のスピリチュアルと現実世界を堪能して、上のような毎日最高やーん!ってなっています。

いかに普通に進めるか生きるかが大事なのに、スピリチュアルにハマる人は自分だけ特別に生きようとしているんですよね。

まるでヒーローになりたいかのごとく。普通や平凡が一番幸せなのに〜。そう、今の僕は思えるんですけど〜みなさんはどうなんでしょうね〜(^^)

スピリチュアルにハマる人が陥るワナ

目に見えない世界をスピリチュアルといっています。まだスピリチュアルの歴史は日本で30年程です。

朝のニュースにある占いハイパー!みたいなのにはじまって、オカルト、都市伝説のテレビもスピリチュアルと言われています。

通勤前に占いを見て会社に行く方も多いと思います。もちろん、それ自体はな〜んにも問題ありませんよね。

でも、スピリチュアルの世界は「ハマり方」を間違える人生が転落してしまいます。

過去には裁判沙汰になって占い詐欺にあって、1億円以上騙し取られた事件もありました。

タレントの辺見えみりさんの母であり、歌手の辺見マリさんは、スピリチュアルに洗脳されて5億円を失うこともありました。(5億円持ってる時点でスゲーって思ってしまいますが…)

不思議なのは、40代50代になってからスピリチュアルにハマる人が多いんです。

あるいはハマりすぎる人たちだ。なぜ世の中を知り、経験を積んでから「見えない世界」に没入するのか。

もちろん今となっては、僕はスピリチュアルにハマる人は大歓迎です。スピリチュアルは正しく学んで使っていただきたいですね。

僕もスピリチュアルが好きだし、スピリチュアルがあったからこそ、人生が楽しくなったんです。実際、スピリチュアルなことを教えてる立場にまでなってしまいました(^^)

でも〜

スピリチュアルのハマり方が、教祖様をあがめるような学び方が本当に多いのは事実です。

もちろん、健全に付き合えればいいんですけど、さっき書いたような失敗事例もあるわけです。スピリチュアルは接し方がマズいとダメなんですよね〜。

スピリチュアルにハマる中高年の人たち

何のためらいもなく、龍神や神様を語っていたり。お金持ちでもないのに、十数万円するパワーストーンを持っていたりします。

それ自体は悪くないと僕は思います。僕も一時期ハマってて、有名な先生が扱ってるパワーストーンに大金を使ったことがありました。

あなたが心配しているスピリチュアルにハマってる人は、何かしらのモノを買っているかもしれませんね。例えば、水・水晶・カード類・なんらかの液体です。

スピリチュアルにハマる人にとっては、それは趣味の一貫です。

車が好きな人が、エアロというパーツやウイングとか、エンジンオイルはこれじゃなきゃだめだ!とかに、似てると思います。

車に興味が全くない人から見れば、無駄金をはたいて自己満足に走ってる方を見ればこいつ…やばいな。って思うじゃないですか。それとスピリチュアルの件は一緒だと思います。

スピリチュアルにハマる人は、スピリチュアルをやっていることが幸せなんです。趣味なんです。

言い換えれば、今まで主婦を頑張ってきた子育てを頑張ってきた。仕事に向き合ってきた。無我夢中で生きてきた。

そういう頑張ってきた人たちでもあるんですよね。そういう方々が、心を休める場所がスピリチュアルなんです。

彼氏がいたり、旦那がいるかたでも、心が休まる場所がないから、スピリチュアルに来た。という方も少なくありません。

頑張ってきた人たちの心は数十年間の「ガマン」に耐えて耐えて耐えてきたんです。

その「ガマン」の吐き出し口をスピリチュアルに求めていることも、理解してあげてほしいと思います。

普段は仕事を頑張っても、子育てを頑張っても、誰からも褒められない。

それをやることが当たり前だ。みたいな世界でひとりで頑張ってきたひとたちなんですね。その点、スピリチュアルにハマる人たちは、スピの先生たちにほめてもらえます。

今までやってきたことを、褒めて抱きしめてくれます。特に、スピリチュアルという趣味仲間がいっぱいできます。

それを否定してあげないで欲しいですね。仲間が友達が欲しくてそういう居場所を求めていることを理解してあげてほしいと思います。

スピリチュアルにハマってる人がコレをやってたら助けてあげて欲しい

スピリチュアルにおける危険事例として、「大金」に絡む失敗です。

ある40代女性Sさんの例を紹介します。

「会社を辞めたい。そう思ってたときに、彼女はスピリチュアルに出会いました。

はじめは、自己啓発だったけれどそれに難しさを感じてる内に、セラピーやエッセイに心の居場所を見つけ、やがてスピリチュアルを知りました。そこで出会ったのが【龍神】という言葉です。」

世の中には僕を含めて、普通は見えない霊的な世界が見える人がいるのは間違いありません。でも、、、そこにお金がとれる。と思って、参入してくるビジネス的観点で来る人が最近多いです。

目に見えない世界が全く見えないのに、見えるという人が増えてきています。

神社に入ったときに、何か空気感が違うな、何かいい感じだな。のように、感じる力を鍛えればその感性は上がっていくものです。でも、目に見えない世界が見える。というのは、鍛えてどうにかなる世界ではありません。

でも、そういう目に見えない世界を証明できるものが無いことを理由に、【見える】と演じる俳優や女優のような人がスピリチュアル業界に沢山いますし、そういう人が凄い人気だったりします。

見た目にもそれは現れます。俳優女優以上に、コンサートのステージ衣装のように着飾っているスピリチュアル業界の人は「演者」だと僕は感じています。

それよりも、芸能人タレントのような一般的な服装を着て、情報発信をしている人は安心できる人だと思います。

特に危険なのは【龍神の学校】とか【龍神の魔法学校】などです。そういうのにあなたの身の回りの方が入ってるんだ!となったら、危険なサインです。

40代女性Sさんも、案の定その魔法学校に80万円ほど注ぎ込んで入学しました。

「龍神が自分の世界を変えてくれる!龍神が私を導いてくれる!龍神が私には見えます!」と僕と出会った頃は連呼してました(^^)

Sさんは絵が得意だったこともあって、僕がSさんに龍神の絵を書いて見て〜!と頼みました。すると、Sさんが書いた龍神には【ウロコ】がありました。

ここで、目に見えない世界が見えてしまう人は「ピンッ!」と来るわけです。

この子、洗脳されているわ〜〜アレレ〜〜と。ドラゴンボールに出てくるシェンロンのような龍神をSさんは書いたんですね。

龍神は存在するんですけど。
実は・・・

龍神には【ウロコはありません】ということです。龍神という存在は【エネルギー体であってウロコは無いんです。】

僕や生まれながら霊能者をしてる方が共通して見る龍神は、焚き火の炎が燃え上がるような赤色だったり、川の水が流れるような水そのものだったり、

時折雲の間に差し込む太陽の光だったり、太陽を肉眼で10秒ほど見続けたらその太陽の光の残像が目に焼き付いて、緑っぽく映りますよね。あんな感じが龍神の本来の姿です。

何が言いたいのかっていうと、

龍神関係もヤバいっちゃーヤバいんですけど、それ以上にSさんは自分よりも神様を優先して考えていることが一番危険なんです。

Sさんも頑張ってきた人間です。

Sさんは自分の人生の答えを仕事に求めてきた人ですし、自分を認めてくれる承認してくれる人を、自分ではなく他人に求めていたんですね。

その答えが龍神になっちゃってるってことです。

従って、【危険事例】で最も言いたいことは、自分の人生の答えを龍神や神様に求めていることです。

自分よりも、龍神。
自分よりも、神様。
自分よりも、宇宙。

こういう人は、ほぼ洗脳されてると言っても過言ではないと思います(^^)

だって、僕もそうでしたから笑。
僕も洗脳されてました。

神社やお寺に行けば、「私にスーパーパワーをください!!!!」なんて願ってましたからね笑。今となっては、笑い話でしたが、当時は真剣でしたよ(^^)

Sさんのような人が、あなたの周りにいたら、こう言ってあげて下さい。

「スピリチュアルは自分を知るためのツールだと。」「自分で生きるために、スピリチュアルを学ぶなら許すと。」

スピリチュアルにハマる人は、自分ではなくて、龍神や神様に重点を人生を預けてしまっているんですね。

スピリチュアルハマる人は自分軸がない

以前、キングコング西野亮廣さんのオンラインサロンで西野さんがこんなことをクチにしていました。

「自分が無い人っていないでしょ!自分軸がない人なんてこの世にいないっしょ!」と当たり前のように、クチにしていました。

恐らくこれを読んでいる人は、スピリチュアルにハマってしまって恐怖を感じてる人。あるいは、スピリチュアルにハマってる人が身の回りにいて心配している。のどちらかだと思います。

スピリチュアルにハマる人の特徴は先に述べた通りですけど。もうひとつ、注意して欲しいことに「自分軸が無い」ことにも理解を深めてほしいんですね。

自分軸が生まれながらにある。だったり、自分のことは自分で責任を持ってやる。みたいなマインドを持つことが普通の生き方だ。

そういう人は、スピリチュアルにハマることは絶対にないです。そういう人は、スピリチュアルを毛嫌いしてると思います。理解もできないし、批判する人もいると思います。宗教だ!と…。

そういう生まれながらに自分を持ってる人って、弱い人間のことが理解不能なんです。たぶん。

でも、子供の頃から親に怒られて、兄弟姉妹よりも自分が劣っている。そういうスタートを切った人には、「自分軸」はありません。

過去にいじめられた経験があったり、何やっても誰からも評価されない。何やっても上手くいかない。

そうやって自分なりに頑張ってきたのに、何も結果が出ない人もいることを知ってください。僕もそうでしたから〜(^^)

僕も幼少期は何してもダメで、社会に出てからも上司に怒られ続けて、何やってもダメな人間でした。

目の前にぶら下げられているニンジンを追いかける馬のように生きてました。目の前に生じるイベントを毎日こなして行くことが生き甲斐になっていました。

そして、いつの間にか「自分じゃない自分を演じて生きている」そういうことに気づくまで、40歳まで僕はかかってしまいました。

ずっと、「自分にウソをついて生きてきてしまってたんです」

本当の自分として生きる。そう決めたのも、大震災があった頃です。震災があった当日、死にたくないと思いました。そのときに初めて、「自分で生きる。」と決めたんですよね。

自分軸なんて…普通に生きて平凡に生活出来てる人は、考えたことも無いかもしれません。

でも、スピリチュアルにハマる人にとっては「自分軸」が人生の生命線なんです。

自分が分からなかったり、自分がどういう人間かを見失っている人が多いんです。

だから、あなたがもしも身の回りの大切な方がスピリチュアルにハマってたら、その方の良いところを「褒めてあげてください」「いつも、ありがとう」と言ってあげてください。

そして、その人を「認めてあげてください。」一緒にずっといてあげてください。

スピリチュアルの洗脳に気づいた40代女性Sさんの今

この記事を書くにあたって「龍神の学校」に通ってたSさんに久々に連絡をとってみました。彼女は、僕の個別コンサルティングを受講してスピリチュアルを自分を理解するために使いました。

「りょうちゃん!久しぶり!今は最高に自分が好きで幸せです。」

空海りょうじを名乗ってるけど、コンサル生はほぼみんな、りょうちゃんと呼ばれています。という話はさておき、Sさんが「自分が幸せ」と言ったことに本当にうれしい気持ちになりました。

「りょうちゃんに出会う前は、どうにかしてた。洗脳っていうかね、教祖的な人があの時は必要だと思ってたからね。

でも、ずっとりょうちゃんが、龍神より神様より、自分!自分!自分!自分・・・・・自分が大事!ってずっと言うから、最初はウザっ!!!!って思ってたけど、りょうちゃんが正解でした。」

スピリチュアルは目に見えない世界の感情を、目に見える形にしていくツールでありアイテムなんですよね。究極の自己理解をするために、スピリチュアルはあると僕は思うわけです。

それを知らずに、ドラッグにハマるようにスピリチュアルにハマる人がどんどん増えてることに僕は不安を感じています。

Sさんのように、我に返る人が増えてくれたらいいなーと思って僕はこれからも、スピリチュアルな活動をやっていきたいと思います。

まとめ

先日、病院に行った時のこと。

隣に座ってた女の子がグズって泣いていました。その隣の母親が「すぐに体元気になるからね!」と言って女の子をなぐさめていました。

僕の診察の順番が来て立ち上がったとき、その母親が僕の方を向きながら子供にこう言いました。「あのお兄さんも診察が終わったら、凄く元気になって戻ってくるよ!」と。

見ず知らずの他人だけど、その母親は子供に見本を見せなさいと匂わせてきました。

そして診察が終わったときに、

母親の言葉を思い出してニコニコして軽くスキップしながらルンルン気分で診察室を出て女の子の顔を見ようとしたら、、、、


もう、その親子は、いませんでした・・・。


以上でーす!

この記事の内容を自分のものにしたい方は

人生を最速最短で変えるために、
スピリチュアルを実践的に役立てる知識を
完全無料で学びたい方はこちら。


この記事で書いていることに
気づきや納得感があった方は、
ぜひ登録して学んでみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる