高市早苗さんから学ぶ心がブレない自分軸確立法

はーい、
空海りょうじです。

今日は高市早苗さんから学ぶべきこと、
というテーマで話していきます。

僕はサラリーマン20年間やってきて、
今はスピリチュアルとビジネスの発信をしています。

高市早苗さんの活動内容は
ご覧になってる方も色々と
ご存知だと思います。

そこはあまり触れずに
高市早苗さんの発言や人柄から
学べること、

そして神様や仏様から見た
高市早苗さんの話を、
僕の独断と偏見の経験を元に話していきます。

目次

神様の視点で見る高市早苗さん

神様は高市さんの「愛情深さ」を見てます。
高市さんは深く愛情を求める人のようです。

それは優しい・愛情深い・心が熱いと
周囲から表現されることもありますが、
本人にとってはまだまだ不本意かもしれません。

その愛情は、家族愛といった
限られた範囲の愛を目指すものでなく、
逆に家族や社会、人類といった境界線を
すべて無くした先にある愛を目標としているようです。

時に流されやすく、
依存的な関係にも陥りがちだけど、
でも最終的にそんな体験を統合し、
意味ある人生を形作っていっています。

仏様の視点で見る高市早苗さん

仏様は高市さんの「人生」を見てるようです。
高市さんの生き方は常に楽しみを
求めれる人のようです。

現実的だけど
精神的な人の本質を見るところがあり。
未来志向で若々しくて恋愛や遊びは
常に新しい楽しみを求めています。

勝ち負けの生き方に
こだわりがあるようです。

何かのため
誰かのために戦う傾向があって、
生まれ持った素質は
社会的な集団・組織の中で活躍できます。

人生の課題は
社会的な価値全般への疑い・試練です。

目指すべきゴールは
社会や組織の中で成功を得ることです。

革新をもたらす点では
個々の個性を際立たせる社会を
作ろうとするところがあるようですね。

高市早苗さんから学ぶべきこと

次に高市さんの様々な発言から
学ぶべきことを話していきます。

「憲法制定」では、

今を生きる日本人と、
次世代への責任を果たす意味で、

技術革新、
安全保障環境、
社会生活の変化など、

今の時代の要請に応えられる
日本人の手による
新しい日本国憲法の制定に力を尽くします。
と発言されています。

「靖国参拝」では、

中国がイギリスに何か
文句を言ったという話は聞かない。

日本の場合は、
文句を言ったらやめるからということで、
かえって外交的な手段に使われている。

とか、

日本というのは墓まで
暴くような文化ではない。

刑を受けた方、
執行された方はそれで刑を終えていて、
罪人ではないということ。

だから私は靖国に参拝に行く。
といってますよね。

こういう高市さんの発言から学べることは、
ブレない信念、ハッキリとした物言いを
私たちもすべきだということです。

神様から見たいまの日本

いまの日本は過去何十年間も
誰もが誰かがつくったシナリオを
歩いているだけだ。

誰かによって動かされているよ。
っていうんです。

親に怒られるのが嫌からはじまって、
誰かに批判されるのが嫌になってる。

いつしか誰かに嫌われないように
人って生きるようになってしまってる。

でも、
高市早苗さんはブレないですよね。

自分の考えはこうです!
私はこうします!

と誰に何を言われようが、
それが外交問題だろうが、

自分はこうします、
こう生きるんですと
発言しています。

そんなハッキリとした
物言いができるのは、

実は
自分軸が確立してるからなんです。

世間や人間関係の言葉に振り回されてると
いつの間にか自分の世界じゃなくて

他人の世界の中で生きてしまう癖が
無意識でついてしまってます。

だから、

毎日しんどくなって、
会社もいきたくなーいってなるんですけど、

そうじゃなくって、

僕もあなたも自分が
映画の主人公であって

スピリチュアル的にいうと僕らは
宇宙の創造主なわけです。、

自分が見たい世界を生きるために、
他人は他人、自分は自分でいきるという
決断をすれば自分軸が確立されていくんですね。

ぜひ、自分軸をもって
日々を生きてほしいです。

すると嫌だった会社も
自分が成長するために存在してる
そういう意識が出てくると思います。

人は見たい感じたい事を選択して生きられる

人間っていうのは
見たい世界しか見ない設定をして
生まれてきています。

いまこれを見てる環境が
部屋なのか電車なのかは
わかりません。

自分がいる環境の全ては
自分が見たくて経験したくて
存在しているんです。

いわゆる魂や心が
求めているものですね。

逆に魂や心が見たくないものは
目の前には現れないんです。

でも、

人生には見たくない
感じたくないような

大切な人との別れや、
会社で声を聞いたり
存在すらも見たくない

生理的に合わない
上司もいると思います。

そのマイナスなイベントは、

実は、人生を楽しく幸せにするために
必要なものなんです。

嫌なものは嫌!
と避けてたり、

自分が嫌いで
自分を否定していると、
人生ってずっと苦しみが
続いていくんですよね。

嫌いな上司がいるから
会社を辞めて転職したけど

また転職先で嫌いな上司が
現れるみたいな苦しみが
何度も訪れてきます。

高市早苗さんのように、
テレビ討論会は恐怖だ!

とか、

同じ日本を成長させて
いこうとしてる
国会議員や国民からも
嫌なこと言われたりしてますよね。

でも、

高市さんはそれさえも、
良い学びをさせて頂いています。

今まで気が付かなかった
課題にも気づかせて頂きました。
と話すのです。

それを踏まえて
使命を果たすために全てをかけて
働くことを誓いますといって
新しい挑戦をやり続けてますよね。

それは僕たちにもできることです。
やり方は凄く簡単です。

不安や恐怖や苦しみは
僕らの人生にはつきものですけど
それに反発せず否定せずに
まずは受け入れることです。

認めて受け入れると、

その不安と恐怖のイベントが
一旦終わります。

そして、

次の新しいステージにいける
イベントが発生する仕組みに
僕らの人生はなってるんですよね。

まとめ

同級生の友達の家に呼ばれて
晩ごはんを食べにいくんです。

その家の家族構成は
お父さん
お母さん
娘さんがいまして、

僕がその家に呼ばれて
食事をしてたときに
娘さんが帰ってきまして、

娘さんが長く付き合って彼氏に
可愛くないって言われてフラれたって
泣きながら凄い落ち込んでたんですよ。

友達の男性も娘に
どういう声をかけたら
いいかわからなくて

すごいなんか、
緊張してたんですよね。

娘さんがずっと泣いているので、

友達は落ち込んでる
娘をなぐさめようとして、

「おまえ、人間は顔じゃないぞ」

と言うところを、

「おまえの顔は人間じゃないぞ」

と言ってしまったんです。

場が凍りつきました。

以上でーす!

この記事の内容を自分のものにしたい方は

・自分の幸せを早く引き寄せたい
・スピリチュアル能力を開花したい
・給料の他に収入を作り不安を消したい
・自分軸になり自分に自信を持ちたい
・もっとシンプルに人生を楽しめる生き方をしたい  

今こうしたことを考えているであれば、
空海りょうじメルマガ(無料)を読んでください。
あなたのプラスになることが、きっとあると思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる