【岸田文雄総理と稲荷神】失敗が怖くて動けない心理改革

はーい、
空海りょうじです。

今回は、
岸田文雄と伝説の稲荷神
というテーマで話していきます。

僕はサラリーマン20年間やってきて、
今はスピリチュアルとビジネスの発信をしています。

総理大臣の岸田文雄さんは
自らの経済政策でめざす姿を
「成長と分配の好循環」と言ってます。

経済成長の恩恵を
中間層に手厚く分配し
消費を盛り上げ、
新たな成長につなげるといってましてー

岸田さんの
歴史やエネルギーをみていると

経済の元となる
商売の血筋を受け継いでることが
わかりました。

岸田さんの家系では
実業家で

過去の芥川賞受賞した
小説の舞台にもなっていた
幾久屋きくや百貨店を
経営してたりしてまして

そんな先祖から受け継いだ
商売気質という背景があって
経済政策を成功に導いてくれるんだと
感じています。

本日は私の独断と
偏見の経験を踏まえて

岸田文雄氏と伝説の稲荷神、
のお話をしていきます。

目次

岸田文雄総理と伝説の稲荷神

岸田文雄さんの
幼少期から少し生い立ちを話しますと

父親や祖父も議員でいわゆる、
関西弁でいうぼんぼんで
おぼっちゃまくん生まれです。

ニューヨークで幼少期を過ごして、
アメリカの学校には黒人、
インド人、韓国人などの児童も通って
仲良くしてくれる白人児童もいたが、
差別も経験したみたいです。

その現地での人種差別や
世の中の理不尽さに
気付くきっかけとなり、

それが現在の政治の原点となったようです。

日本に帰国して
東大目指したけど失敗して
浪人を2年間して合格して
卒業したんですけど。

その後銀行員になったkれど、
利息すら払えなくなった会社から
経営再建の支援継続を相談されたり、

倒産や夜逃げを
目の当たりにして

世間の厳しさや
経済というものの
激しい実態を知って

銀行員として社会の矛盾を
感じてみたいですね。

その後、

広島から出馬し
議員になってからは
様々な内閣で大臣を務め
総理大臣に選ばれたんですね。

僕たちも〜

思春期や社会人になって
人間関係や恋愛で
嫌なことを経験してきましたよね。

そういうマイナスな出来事を
如何にプラスの活動に
いかしていくかって大事なんですよね。

僕らは失敗することが経験もとと
昔から言われていますし、

新入社員で会社に入ってからも
言われたと思いますけど

いつの間にか僕もそうだったし
あなたもそうかもしれないですけど

失敗して怒られることが
無意識で恐怖になってることって
あると思うんですよ。

だからね、

慎重に行動したり、
慎重に怒られないように仕事したり

でもそれって〜

失敗してはじめて
何事も幸せが見えてくるのが
人生の根源なのですよね。

失敗を恐れるよりも、
早く失敗しちゃって
次に行った方がいいと僕は思うんです。

じゃないと、
人生って変わらないんですよね。

失敗したくない、
失敗はもう嫌だといってると

平均点を取りに行くような
人生になるので、

その感覚を知ってる
経営者や世の中にコントロール
されちゃって

ズルズルと
今が変わらないまま年をとるんです。

僕も〜
会社員のときは〜

上司にこの資料に書いてある
この会社は何やってる会社なの?
と質問されたときに、

質問回答に失敗したり
怒られるのが嫌だったので

これはこれがあーだから、
それとこれが組み合わさって、

結果こうなって、だから…
私たちの会社にプラスになります!
みたいに答えたんですけど、

上司は言葉の意味を
質問されてただけで

ただ単に、
不動産をしてる会社です。
という答えを求めてただけでした。

そんな風に複雑に考えてしまう癖ってないですか。

岸田文雄総理と神様のご縁

岸田さんの神様の
ご縁を見ていきますとー

おおらかで天皇のように、
全体をおおまかに見るような
そんなエネルギー波長を持ってます。

総理大臣に選ばれてから
一気にこの波長が変わったんですね。

以前からイチキシマヒメの
ご縁があったんですけどね。

新たにご先祖様が住んでいる、
広島県の広島東照宮の御祭神である
ウカノミタマという
神様からの押しが強くなっています。

このウカノミタマの神
総本社は京都にある伏見稲荷大社で、
最大のご利益は商売繁盛と家内平和なんです。

余談ですがー

この伏見稲荷大社は
普通に参拝して終わることなく
山を上っていくと凄く神聖な
場所が沢山あります。

お稲荷さんであるキツネさんが
お参りした方々の商売繁盛を願って
守護してくれるといわれています。

まあ、
ぜーぜー言いながら山を登るんですけど

行って帰るのに
1時間以上かかりますが
是非いってみて欲しいですね。

豆知識的な話しですけど

イナリの語源は昔のおえらいさんが
弓矢を放った先に
なぜかお餅がありまして、

見事そのお餅を射抜いたら
お餅が白鳥に変身して

その白鳥が降り立った場所に
稲が生えてきたことが発端となり
稲荷と呼ぶようになりました。

岸田文雄さんは
何か天皇家のような
分け隔てないエネルギー波長だったんですが

現在は一点集中のような
正に的を射抜く一直線の
エネルギーを出しています。

岸田文雄さんと西本願寺のご縁

もうひとつ、
空海がもっと詳しく調べなさいと
言われたので調査していたんです。

岸田さんの
ご親戚の叔母の旦那さんが
京都西本願寺の実務トップ
であったことから

お寺とのご縁も
非常に強いことがわかりました。

この西本願寺は
親鸞という方がいるんですけど

それより大事なのは
その親鸞の師匠に法然さん
というかたがいてます。

この方は京都にある
知恩院という場所がありまして、

普段あまり参拝される方が
他の神社仏閣に比べて少ない
場所なんですが。

この法然さんは

過去に浄土宗という
宗派を開いた方で

当時、
世の中は地震や疫病や
天災に見舞われてました。

仏教全体も民衆より
貴族のために活動をしていまして
日本の民は不安がつのってて、
世の中が不安定だったんです。

そこで、

法然さんはその状況を
一変して皆がひとつであると提唱して
世の中を救ったんですね。

その合言葉として
全てに感謝を唱える念仏である
「南無阿弥陀仏」をつくったんです。

つまり、

岸田文雄さんは
総理大臣になられてから

神様の後押しも一気に変わったことが
わかります。

その神様や仏様が
合体したような

商売繁盛のご利益や法然さんが
成し遂げてきたような
世の中をひとつにまとめる。

そんなお役目を
現在引き継いているんだと思います。

まとめ

子供の話しをするんですけど。

子供って人見知りしないから

色んな人に声をかけちゃいますよね

友達のご家族に5歳になる息子さんがいまして

最近テレビから仕入れた情報は

「整形すると美人になる」

というものでしてー

それ以来、

息子さんは電車の中で

知らない大人の女性に対してー

「なんで整形しないの?」

と大声で質問するようになりました。

以上でーす。

この記事の内容を自分のものにしたい方は

人生を最速最短で変えるために、
スピリチュアルを実践的に役立てる知識を
完全無料で学びたい方はこちら。


この記事で書いていることに
気づきや納得感があった方は、
ぜひ登録して学んでみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる