自分でできるメンタルブロック解除方法

はーい、
空海りょうじです!

こんばんは〜
今日も、お疲れさまです(^^)

ぽかぽか陽気に誘われて、
最近の神社やお寺に行く方が、
増えてきてるようですね。

年始から寺社仏閣巡りも
あまり行ってませんでした。

(寒いの苦手です・・・)

今週末は日頃の挨拶も兼ねて、
京都の神泉苑(しんせんえん)に
いってきます。

神泉苑は以前のメルマガでも
僕がはじめて空海と出会った場所。

そういうことを書きました。
地元にある小さな神社って感じなので、
京都が近い方はぜひ足を運んでみてください。

神泉苑ホームページ
http://www.shinsenen.org/

さてさて本日は、

1.メンタルブロックって何?
2.メンタルブロックが解除できる場所
というテーマでお話していきます!

目次

メンタルブロック解除とは

あなたは何か…

自分の中で制限をしてしまってて
心も体も動かないときありませんか?(^^)

何かに対して抵抗する、
それがメンタルブロックです。
スピ的な言葉に置き換えると、
カルマ(記憶の執着)というものですね。

いわゆる〜

『知的好奇心』という
自分が本来持ってる理性の光を
曇らせてしまうんです。

メンタルブロックは、
あなたが気の進まない、と思うことにも、
好きだと思うことにもはたらいています。

たとえば〜

あなたが、
やりたいこと、
好きなことを思い浮かべるとき、

『ムリかもしれないけど』とか、

『馬鹿らしいけども』とか、

『子どもみたいだけど』

みたいなね、

そんな「制限」する言葉を脳裏に浮かべて、
毎日過ごしてるかもしれませんね。

他にも〜

これが好き、
こういうものが好き、
こんなことばかりやっていたい、

という、

あなたの心が求める声に対して、
素直にそれをやっちゃえばいいのに、

でもなぁ、

という名の先入観が出てきて、

生きていく上で役に立たない、

何の得にもならない、

単なる趣味だからな、

これじゃ食べていけないし、

そんなワガママは許されない、

人に知られると恥ずかしい、

そんなことができるワケがない、

今じゃなくてもいい、

今度やろっかな、

と、自分自身でブロックを作ってしまうんです。

これは、カルマからくる抵抗であると
同時に、『無知』による想像力の貧しさ
が引き起こすことでもあります。

しっかりと真剣に向き合って
考える前に、自分自身で可能性を
閉ざしてしまっているんですね。

メンタルブロックが解除できる場所

最近よく、

神様たちが言うんですけどね、

「メンタルブロックなんて言葉があるから
 心に制限かけちゃうんだよ〜」
 って言ってます。

自分のメンタルブロックって
ネガティブ思考だと思うんです。

・言い訳でもあるし
・他責でもあるし
・自己否定でもありますよね。

だから、

そういうネガティブ思考を
無くなる考えるヒマをなくしちゃえば、
メンタルブロックは消えるんです(^^)

ブロック解除は、
メンタルブロックが解除できる場所を、
自分で見つけるのがいいんです。

僕がおすすめなのは、

氏神(うじがみ)様や
産土神(うぶすながみ)様がいる
神社に行くことです。

氏神は住んでる土地で、
年始の初詣に大半の方が行く神社。

産土神はあなたが産まれた
土地を守る神社のことです。

その2つの神社に行くだけで、
自然無垢なありのままの素直な自分に
戻ることができちゃいます(^^)

氏神や産土神の神社にお参りすることで、
神様たちがネガティブ思考を消してくれます。

もしも、時間があって休暇があれば、
高野山にいくのが一番いいと思います。

高野山は潜在意識に凝り固まった
メンタルブロックを解除してくれる場所です。

以前にも動画でも話してるので、
見てなかったら見てみてください(^^)

【空海の高野山】
潜在ブロックの解除スポット3選
https://youtu.be/hLevQBUn11s

まとめ

先週、

久々に実家に帰ったんです。

するとふと本棚の一番下に、

中学校の卒業アルバムがありまして、

その卒業アルバムの最後に、

「将来の夢」という項目がありました。


なんて書いたんだろうと

思って見てみると、


「夢を叶えるために」

「ドラゴンボールを集めに行きます」

って書いてありました。。

(絶句・・・)


将来の「夢」を書くとこなのに、

夢を書いてませんでした(^^)

以上でーす。

この記事の内容を自分のものにしたい方は

人生を最速最短で変えるために、
スピリチュアルを実践的に役立てる知識を
完全無料で学びたい方はこちら。


この記事で書いていることに
気づきや納得感があった方は、
ぜひ登録して学んでみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる